MESSAGE

ご挨拶

理事長のご挨拶

地域と連携・貢献を行い
中心的な役割を果たしていく。

創業者の意志である「地域への貢献」を現在まで受け継ぎ、
地域の医療・介護の一端を担っております。

 当法人は、太田病院として昭和20年、終戦後に開設、以来創業者の意志である「地域への貢献」を現在まで受け継ぎ、医療知識技術の向上・継続、サービスの向上・継続、地域への貢献、患者さま尊重などを理念に掲げ、美濃加茂市、加茂郡、可児市を中心に24時間体制で対応しています。現在は、地域の必要性を考え、太田病院(急性期一般病棟、地域包括ケア病棟、医療療養病棟のケアミックス対応、救急対応)、外来機能として太田メディカルクリニック、介護老人保健施設(中部台ケアセンター)、介護付有料老人ホーム(更紗)、小山デイサービス和、つるかめ訪問看護ステーション(訪問リハビリも含む)、太田病院居宅介護支援事業所、美濃加茂市からの委託による中部長寿支援センターを運営し、地域の医療・介護の一端を担っております。

 医療・介護共に質の向上を常の目標とし、スタッフの研修なども行っています。また最近ではチーム医療・介護が必要であり、医療系介護系施設の連携、栄養サポートチーム(NST)、褥瘡対策チーム、院内感染対策チームなどの活動にも力を入れております。

 今後も地域のみなさまの必要に答えていくことはもちろん、地域の開業医先生との連携、地域包括ケアシステムの構築におけるその中心的な役割を果たしていけるような施設、体制作りに努めてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

理事長

佐々木 裕茂

副院長のご挨拶

多くの人から信頼される
地域に根ざした病院にします。

私たちは、地域のみなさまの健康のお手伝いをします。

 録三会は昭和20年開院の歴史ある地域密着型病院です。規模は大きくありませんが、内科、外科、整形外科を大きな3つの柱として幅広く診療活動をしております。美濃加茂市内はもとより加茂地区の広い範囲から患者さまに来ていただいていますので外来は日々混雑しておりますが、正確な診断、治療を実践するためにはどうしても時間のかかることもあります。ご容赦ください。

 現在、日本人の平均寿命は世界トップクラスにありますが健康寿命(生活してゆくうえで介護を必要としない年齢寿命)は、平均寿命より7~10年短いといわれています。せっかく長生きできるのであれば健康寿命が長いほうが良いですよね。そのためには、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症をはじめとする生活習慣病のしっかりとした管理が重要です。ちょっとでもみなさまの健康寿命を延ばすためのお手伝いができるよう、スタッフ一同常に勉強し診療に当たりますのでよろしくお願いいたします。

副院長

尾下 英史