OUTLINE・HISTORY

法人概要・沿革

法人概要

太田病院

病床数
一般/59床(地域包括ケア病棟29床)、療養/30床
病院指定
岐阜県広域災害救急医療病院
労災指定病院・救急指定病院
日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本外科学会外科専門医制度関連施設
難病の患者に対する指定医療機関
指定小児慢性特定疾患病医療機関
マンモグラフィ検診認定施設
指定自立支援医療機関(更生・育成・精神通院医療)
日本医療薬学会認定薬剤師研修施設
指定麻薬診療施設
病院資格
日本病院会
全日本病院協会
岐阜県医療法人協会
日本透析医学会
日本褥瘡学会
岐阜県リスクマネジメント研究会
日本慢性期医療協会
全国老人保健施設協会会員
特養・老健・医療施設ユニットケア研究会会員
保険
国民保険・社会保険・労災・公務災害自賠責等
各種医療保険取り扱い
協力施設
介護老人保健施設
「中部台ケアセンター」
介護老人保健施設
「センチュリー21」
介護老人福祉施設・養護老人ホーム
「さわやか日本ライン」
特別養護老人ホーム
「さわやかナーシングさかほぎ」
特別養護老人ホーム
「ハニーヒルズ」
介護付有料老人ホーム
「更紗(さらさ)」
ほほえみグループホーム
グループホーム
「ぬくもりの里」かもの
グループホーム
「憩いの里」ふしみ
グループホーム
「ひだまりの丘」
特定非営利活動法人 プラス・ワン
「ワークショップ むくのき」
大矢クリニック
あんどうクリニック

介護老人保健施設
中部台ケアセンター

居室数
入所100床(うち、短期入所20床まで)
全室個室で10名ずつの10ユニット
定員
リハビリ40名

介護付有料老人ホーム 
更紗 (さらさ)

居室数
入所36床

小山デイサービス 
和(なごみ)

定員
32名

沿革

昭和20年11月
初代・佐々木録三郎により30床の個人病院として開院
昭和37年  4月
新築48床に増床
昭和38年  6月
医療法人認可
昭和41年11月
救急病院指定
昭和45年  5月
72床に増床
昭和56年  2月
理事長・院長に佐々木英就任
昭和57年  5月
病院新築 96床に増床
平成  8年  5月
一般病棟55床、療養型病棟34床、合計89床とする
平成10年  5月
院外処方開始
平成12年  1月
居宅介護支援事業所 開設
平成12年  4月
療養型病床34床の内18床を介護保険適応病床とする
つるかめ訪問看護ステーション 開設
平成14年  4月
理事長・院長に佐々木裕茂就任
平成15年  3月
特定医療法人認可
平成16年  9月
太田病院新築開院(一般病棟30床、療養型病棟59床の内29床を介護保険適応病床、合計89床とする)
太田メディカルクリニック開設
平成16年12月
介護老人保健施設 中部台ケアセンター 
(入所100床 その内短期は20床まで、通所リハ40名)開設
平成19年  3月
女子寮(中部台)を新築
平成19年11月
有料老人ホーム 更紗(24床)住宅型 開設
平成20年  5月
太田病院 介護療養型医療施設(29床) 
指定辞退
よって、H20.6.1~計89床(一般30床、医療療養59床)となる
平成21年  6月
太田病院 回復期リハビリテーション病棟(29床)認可
よって、H21.6.1~計89床(一般30床、医療療養30床、回復期リハビリテーション病棟29床)となる
録三会 あゆみ保育所及び女子寮(太田町)を新築
平成21年  7月
訪問介護ステーション ウィズ 開設
平成22年  6月
オーダリングシステム導入
平成22年  9月
有料老人ホーム 更紗(24床)住宅型

特定施設(介護付)(36床)に増床
平成23年10月
小山デイサービス 和(32名)開設
平成24年  4月
血液浄化(透析)センター 開設(15床)
平成26年  5月
血液浄化(透析)センター 増床(25床)
平成27年  4月
美濃加茂市中部長寿支援センター開設
(美濃加茂市の委託事業)
平成27年  7月
4階病棟を地域包括ケア病棟(29床)とする